2020-01-15

ヘアケアの習慣

こんにちは!安井です。

今回は今の乾燥の時期、大活躍の洗い流さないトリートメントについて改めて少し掘り下げた内容を書いていきます。

まず洗い流さないトリートメントがなぜ必要なのかです。

ホームケアのトリートメントには2種類あります。
お風呂で付ける洗い流すトリートメントと、洗い流さないトリートメントです。

洗い流さないトリートメントは主に内部からダメージを補修してくれる効果があるのに対し洗い流さないトリートメントは乾燥や摩擦、汚れなど外からの刺激から髪の毛を守ってくれる、例えるならバリアのような働きをしてくれるのです。

外からの刺激が少なくなると日光による退色や切れ毛、枝毛につながるダメージが少なくなるので色の持ちが良くなったりツヤが出たりするためsoraでは洗い流さないトリートメントの使用をお勧めしています。

洗い流さないトリートメントを付けるタイミングとしては外から熱や乾燥などの刺激を受ける前ということでシャンプートリートメント後のドライヤーをする前とお出かけ前に付けるのがおすすめです。

最後にsoraイチオシの洗い流さないトリートメントをご紹介します。

こちらはcota styling base B3、B5です。
こちらの商品は外側の保護はもちろんですが、更にナノ化した栄養が髪の内側に届くことで洗い流さないトリートメントとしては珍しい、内側からの補修もできてしまう優秀な商品です。

日々のヘアケアの習慣として、ぜひ洗い流さないトリートメントを取り入れてみてください!

関連記事