2020-01-29

M3Dでロングヘアもさらツヤに!

髪の毛が乾燥してしまいがちな季節。静電気も起きやすくなっていますね。

乾燥は髪の毛、お肌にも大敵です。

上からコーティングするトリートメントでは、なかなか本当に髪の毛って美しくなっていきませんね。

髪の毛の内部からしっかりと栄養を入れ込んで、本来の髪の美しさを取り戻していけるのがM3Dピコトリートメントです。

Mさま↑↑もM3Dでツヤツヤで毛先までハリのある髪になっています。

髪の毛のコシ・ハリ、ツヤで悩んでいる方、M3Dピコトリートメントで、健康な髪の毛にしていきましょう。

M3Dピコトリートメントって何?

M3D=メモリー3次元立体のことです。
各細胞分子の化学構造式はアミノ酸の結合体によって組み合わされており、炭素を中心に窒素や水酸基などの原子や低分子の立体接続があらゆる細胞の成分(タンパク質・脂質・糖質・ミネラルなど)を形にしているのです。

M3Dの成分は「完熟ミネラル」です。

今まで最小だったナノ(1億分の1)では髪の内部の芯まで入りきらなかったのですが、ピコレベル(1兆分の1)の超電導粒子を入れた「完熟ミネラル」成分が、髪の内部の芯まで浸透し、ミネラル原子を高エネルギーを持つ覚醒ミネラルとして規則的に動き、結合力を高め、細胞の作り変えを行う能力があるM3D!
M3Dの成分である完熟ミネラルによって活性酸素を除去しながらタンパク質を作っていくので、髪の内部には強くなったアミノ酸で埋め尽くされます。

その強くなったアミノ酸に熱を与えることにより、加速度的に熱反応を起こし、さらにしっかりとしたタンパク質を作り出します。

覚醒ミネラル液の電子軌道運動はものすごいスピードがあり、いったん水素結合をすれば栄養分が留まりやすく、加熱によりキューティクルの補正も加速させるので、艶やかな髪になっていくのです。

また内部の水酸基も強靭な共有結合・水素結合をしているため、水分が維持し続けられるため、毛先までしなやかな軟らかさを実現できるのです。

関連記事