2019-12-12

スタイリング剤の種類

こんにちは!安井です。

今回はたくさんあって選びにくいスタイリング剤の種類と特徴をご紹介します。今後のスタイリング剤選びにひとつ役立てていただけると幸いです。

①ワックス
ワックスはコンビニでも買えるもっともポピュラーなスタイリング剤です。
毛束感を出したりボリュームを調整したりと形を作るのが得意です。
マット、ファイバー、グロスなど様々な種類があり男女問わず使える幅の広さも魅力です。

soraでは固まるタイプから、クリーム系、ミルク系のワックスを揃えています。
どんなヘアスタイルにも対応できるワックスが主流です。

②ジェル
水分が多くその水分が乾いていく過程でポリマーが残り濡れたような質感が得られるのが特徴です。
パリっと固まり崩れにくいのでメンズのベリーショートやパーマにおすすめです。

③ミルク
水分と油分が混ざり合っていて伸びが良く柔らかい質感やツヤ感を出せるのが特徴です。
あまり固まらないので柔らかい質感の巻き髪などにおすすめです。
ストレートヘアの方の乾燥予防にも用いられています。

④ムース
泡なので髪なじみが良く全体にまんべんなくつけやすいのが特徴です。
セット力も弱いものから強いものまで様々ありますがワックスやジェル程強くはないのでパーマなどのスタイルにおすすめです。

soraで扱っているムースは生クリームのような、きめ細かい泡タイプです。
ウェーブヘアの場合は、朝のスタイリングの時に髪の毛を濡らさずムースだけをつけて仕上げられるくらい、泡がフワフワです!

⑤スプレー
全体にまんべんなく振りかけたり、ピンポイントで狙ったところに付けたりと初めてでも比較的使いやすいスタイリング剤です。
スタイリングの最後にカッチリホールドするものと、ふわっと固まり形作りに向いたものがあるので用途によって使い分けます。

使ってみたいスタイリング剤はありましたでしょうか?

今回は代表的なものをご紹介しましたが、まだまだスタイリング剤はたくさん種類がありますので次回はその残りのスタイリング剤を数種類ご紹介しますね!

関連記事