2019-12-13

スタイリング剤の種類2

こんにちは!安井です。

今回も引き続きスタイリング剤のお話です。それではご紹介していきます。

⑥オイル
洗い流さないトリートメントとして販売されていることが多いですが、最近はスタイリングでも使われることが多くなりました。
文字通り油分が主体でセット力はありませんが、毛先をまとめたりツヤを出すのに使います。
ワックスと混ぜて使うとセット力もありながらツヤもでるのでおすすめです。
全レングスに使える万能さが特徴です。

soraにはコーティング剤など入っていない、天然のオイルもあります。
髪の毛はもちろん、お肌につけていただいても安心です

⑦グリース
ワックスと同じく油と水を混ぜて作られています。ワックスよりツヤがでやすくワックス同様パリッとは固まらないため崩れてもすぐ手直しできる気軽さが特徴。メンズのベリーショートにおすすめです。

⑧ポマード
温めると柔らかくなり冷やすと固まる性質をもった油が主成分です。重い質感でツヤが出るためメンズのオールバックで毛を流すスタイルやアップスタイルで面を整えるときなどに向いています。

⑨スプレーワックス
その名の通りワックスとスプレーの中間のようなスタイリング剤です。
固まるまでの時間が長く、その間にワックスのように形を作れます。
しかし時間が経てばしっかり固まります。
全体に偏りなく付けられてこれ一つで完結できるのでスタイリングが苦手な方におすすめです。
ベタベタせず手も汚れずに、ウェーブヘアにまんべんなくつけることができますので、人気のスタイリング剤です。

今回は前回よりマイナーなものも紹介してみました。

それぞれのスタイリング剤に得意なスタイルと髪質があり、その逆で不得意もあります。
合ったものを選ぶことができれば毎日のスタイリングが簡単で楽になりますよね。

soraではたくさんの種類のスタイリング剤をご用意しております。
お客様に合ったものをチョイスしてアドバイスをさせていただきますので、使い方などわからない場合など、お気軽にご相談くださいね!

関連記事