2019-12-26

カラーパーマ後のケア

こんにちは!安井です。

今回はカラーやパーマをした後のケアについてお話していきます。

まず、カラーやパーマをして傷む理由についてです。
髪の毛というのは普段は弱酸性です。
その弱酸性の髪の毛に施術をするにはアルカリ性のお薬を使用しなければならないため髪の毛は施術後から自然に弱酸性に戻るまでの1週間の間はアルカリに傾いたままの状態になってしまいます。
アルカリに傾いて弱った状態の髪をなにもケアをしないで放置してしまうと、微量のダメージが蓄積し大きなダメージとなって表れてしまうのです。

そのため施術後1週間の間にどういったケアをするのかが非常に大事になってきます。

では、どういったケアをするべきなのかです。
それは栄養たっぷりのシャンプー剤を使って正しいシャンプーの仕方でシャンプーをしていただくのが最も効果的です。

soraではこちらの小さいシャンプーセットを病院で出される処方箋のように通常よりお安くご提供させていただいております。
こちらは惜しまず1週間で使い切るようにしてくださいね。

栄養たっぷりのこのシャンプーを使いこなす正しいシャンプーの仕方は↓の記事をチェック!

また施術によりキューティクルが開いた髪には非常にトリートメントが入りやすくなっています。
ですので同時にトリートメントメニューをしていただくと高い効果が得られておすすめです。

今回はカラーやパーマをした後の髪の状態とケアの仕方をお話していきました。
施術後の1週間は本当に大事です。
これからもダメージを気にせずスタイルを楽しめるようケアをしていきましょう!

関連記事